トピックスMASCOT関連の作業が終了しました

2016年7月14-16日にドイツからMASCOTチームのメンバーが来日し、MASCOTについての運用が行われました。

目的は2つあり、ひとつはMASCOTのスイッチを入れて、その状態を確認すること(ヘルスチェック)です。その結果、MASCOTに問題がないことが確認されました。

もうひとつは、MASCOTを小惑星上で運用するときのデータ伝送模擬テストです。はやぶさ2探査機は、小惑星でMASCOT運用を行うとき、探査機の高度を維持するために航法ダンプ画像を撮りながら、同時にMASCOTからのデータを高速で受けとることを行います。このような運用ができることを確認しました。

なおDLRからもアナウンス文(英語)が出されており、次のURLで読むことができます。
http://www.dlr.de/dlr/en/desktopdefault.aspx/tabid-10081/151_read-18664/#/gallery/23720

はやぶさ2プロジェクト
2016.07.19

Message from Project 一覧

「はやぶさ2」は,人類が訪れたことのない小惑星「リュウグウ」との往復航行をする宇宙船です.どんな冒険が待ち受けているか誰にも分からないけれど,きっと面白い航海になるはずです。どんな旅をするか,楽しみにしていてください。
(プロジェクトマネージャ 津田雄一)