インフォメーション

画像ギャラリー

  • 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラ(ONC-T)によって撮影した月と地球。2015年11月26日撮影。(©JAXA)
  • 2015年12月3日にスイングバイ直前の「はやぶさ2」のONC-W2によって撮影された地球の画像。左から右へ撮像時刻(日本時間)とそのときのおよその地心距離は次のようになる。09:00(20万km)、12:00(15万km)、14:30(10万km)、16:00(7万2千km)、16:45(5万7千km)、17:45(3万6千km)。
    (©JAXA)
  • 2015年12月4日、13時 9分(日本時間)に「はやぶさ2」のONC−Tによって撮影された地球の画像。地球と「はやぶさ2」の距離は約34万km。画像右上にオーストラリア大陸、右下に南極大陸が見えている。(©JAXA)
  • 2015年12月3日、スイングバイ直前に「はやぶさ2」のONC-W2によって撮影された地球の画像。図1のアニメーションにある画像を並べたもの。(©JAXA)
  • ONC-W2が撮影した地球の画像。撮影時刻(世界時)とそのときの地球までの距離は画像中に記載されている。地球が撮影されている時刻は、9時から18時15分まで(日本時間)である。視野角は約60度である。(©JAXA)

Message from Project 一覧

「はやぶさ2」は,人類が訪れたことのない小惑星「リュウグウ」との往復航行をする宇宙船です.どんな冒険が待ち受けているか誰にも分からないけれど,きっと面白い航海になるはずです。どんな旅をするか,楽しみにしていてください。
(プロジェクトマネージャ 津田雄一)