トピックスSCI運用へ応援メッセージを
いただきました

衝突装置(SCI)運用が始まりますが、多くの皆さんから応援メッセージをいただいています。本当にどうもありがとうございます。いくつかご紹介いたします。

1. ミュージシャンの浅倉大介さんからのメッセージ

はやツーくん!いよいよインパクタミッション、難しい場面が続く事になると思います。プロジェクトチームとがんばってください!
3x10^8の幸運を!心からgood luck👍
Daisuke Asakura

3億(3x10^8)kmの未知の空間をたった独り使命をおって進むはやぶさ2くんへ、とにかく応援したい気持ちで曲を創りました。その曲がプロジェクトに関わる方々、はやぶさ2くんを応援する方々にも聴いてもらえる機会をいただき大変光栄で、感激です!
人の知恵と夢がかたちになって歴史になってゆくことを教えてくれた初代はやぶさくんと、プロジェクトに関わる方たちへの感謝も込めて。
はやツーくん!これからのミッション、難しい事もいっぱいあると思います。3x10^8の幸運を!心からgood luck👍
Daisuke Asakura


はやぶさ2プロジェクトより:
2つのメッセージをいただき、どうもありがとうございます。「はやぶさ2」のために曲まで作っていただいて感激です。「3x10^8 LUCKS」と書いて、good luck(グッドラック)と読むそうですね。3億kmの彼方で頑張っている「はやぶさ2」にとって、心強い応援です。曲の途中で「はやぶさ」のリエントリカプセルからのビーコン信号の音が出てきますが、これもシンセサイザーで合成されたとのこと。本物の音と区別が付かないですね。すごい。

曲のリンクはこちら:


2. 町制65周年を迎える武豊町からのメッセージ

竜宮神社と浦島神社がある愛知県知多半島の武豊町から、メッセージをいただきました。(過去の訪問記事)

武豊町は、2019年度 町制65周年を迎えますが、役場前の町制65周年の表示にはやぶさ2も描かれています。天文・宇宙関連イベントの活動拠点の一つである武豊町では、小惑星探査機 はやぶさ2を応援してます!
いよいよ、衝突装置の運用が始まります。4月5日を楽しみにしています。
(武豊町文化発信事業実行委員会・NPOたけとよ)

はやぶさ2プロジェクトより:
町制65周年、おめでとうございます。その標識の一番上に「はやぶさ2」のイラストを描いていただき、どうもありがとうございます。皆さんの熱い気持ちが伝わってきます。


3. 全国から届いた300件のメッセージ

タッチダウン直前の応援に続いて、日本惑星協会・毎日新聞社・大正製薬の皆さんが、SCI運用についても広く応援メッセージを集めてくださいました。今回は、イラストレーターの池下章裕さん、月探査情報ステーション、太陽系科学・探査推進プログラムグループの皆さんも協力をしていただいたということです。280件あまりのメッセージに加えて20件余りのイラスト・写真などの画像もいただきました。イラストは力作揃いで、「はやぶさ2」のためにこれだけ時間を使っていただいていることに感動しました。このようにたくさんの皆さんに応援していただき、本当にどうもありがとうございました。


  • [別ウィンドウで開く]
    図3:大正製薬の星野好紀氏(右端)および日本惑星協会の井本昭氏(右から2番目)から、津田雄一プロジェクトマネージャ(左から2番目)と吉川真ミッションマネージャ(左端)がメッセージやイラストが描かれたボードをいただきました。2019年3月27日。(写真クレジット:ISAS/JAXA)

  • [別ウィンドウで開く]
    図4:ボードには描き切れていない多数のメッセージやイラストが詰まった冊子もいただきました。(写真クレジット:ISAS/JAXA)

はやぶさ2プロジェクト
2019.04.03