トピックス2017年特別公開のお礼

8月25日・26日にJAXA相模原キャンパスの特別公開がありました。非常に蒸し暑い天気でしたが、相模原キャンパスが多くの人で賑わいました。「はやぶさ2」の展示は、「はやぶさ2:小惑星到着まであと10ヶ月!」というテーマで行いました。また、2日目には相模原市立博物館でトークライブも行いました。展示やトークライブには多数の皆さんにいらしていただきまして、どうもありがとうございました。

「はやぶさ2」は、例年通りに本館1階の「はやぶさ」実物大模型の周りで展示を行いました。今回は小惑星リュウグウの大きな模型が新たに登場しています(図1)。大きさが2m近くある模型で、実際のリュウグウの500分の1くらいの大きさになっています。また、ターゲットマーカの中に入れた名前が刻まれたシートのレプリカ(本物とほぼ同じ)も展示しました。

  • 図1 2017年JAXA相模原キャンパスの特別公開での「はやぶさ2」ブースの様子。
    手前右にある大きな黒い塊がリュウグウの500分の1の模型。その左側(写真中央)に皆さんに書いていただいたメッセージが貼られている。

今年は特別公開が8月となり「はやぶさ2トークライブ」を行う月と重なることになりました。そのために、特別公開でトークライブをやることにし、さらには津田プロジェクトマネージャの大学の同期である大西卓哉宇宙飛行士にも参加していただきました(図2)。トークライブについては、別の記事で報告します。

  • 図2 はやぶさ2トークライブ VOL.10の様子。
    特別公開2日目(8月26日)に相模原市立博物館で行われた。中央が大西宇宙飛行士で、右側が津田プロマネ。左端が吉川ミッションマネージャ。

特別公開では、模造紙などに皆さんからのメッセージを書いてもらっていますが、今年は星形のシールにメッセージを書いてもらって、それを大きなポスター用紙(A0サイズ)に貼ってもらいました(図3)。


  • 図3 皆さんに書いていただいたメッセージが貼られたポスター用紙

皆さんからのメッセージでA0の大きさのポスター用紙はあっと言う間に埋まっていき、2日間で7枚になりました(図4)。

  • 図4 メッセージが書かれた星で埋まったポスター用紙

図4に示しました個々のポスター用紙を下に掲載します。是非、画面上で拡大してご覧ください。中には大西宇宙飛行士からのメッセージもあります。
(ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。)


このように皆さんから多数の応援メッセージをいただきまして、本当にどうもありがとうございました。あと10ヶ月で、いよいよリュウグウに到着します。気の抜けない運用が続きますし、今後はさらに緊張度が増してきますが、プロジェクトのメンバー一同、皆さんからの応援をエネルギーにして頑張っていきたいと思っています。引き続き応援をよろしくお願いします。

はやぶさ2プロジェクト
2017.08.29

Message from Project 一覧

「はやぶさ2」は,人類が訪れたことのない小惑星「リュウグウ」との往復航行をする宇宙船です.どんな冒険が待ち受けているか誰にも分からないけれど,きっと面白い航海になるはずです。どんな旅をするか,楽しみにしていてください。
(プロジェクトマネージャ 津田雄一)