トピックスLPSCにおける「はやぶさ2」に関連した
研究発表について

毎年3月に、米国のテキサス州にて、月惑星科学の分野では世界で最も大きな会議の一つであるLunar and Planetary Science Conference(略称LPSC)が行われています。米国を中心に、世界中から太陽系天体関連の研究者が集まってきて、研究発表や議論を行います。今年(2016年)は、3月21日(月)から25日(金)にかけて、テキサス州のThe Woodlands(ヒューストンの近く)にて開催されました。 セッションは、月曜日の朝から金曜日のお昼までの4日半にわたって、5つの会場で並行して行われました。また、火曜日と木曜日の夕方から夜にかけては、広い会場でポスターセッションも行われました(写真1)。配布されたUSBの中のアブストラクトのファイル数が2060個でしたので、発表の件数がこれだけあったことになるのだと思います。

  • 写真1 広いポスター会場。反対側にも同じ広さのスペースがある。ポスターセッションは非常に盛況。

今回のLPSCでは、「はやぶさ2」に関連する発表がいくつかありました(写真2、3)。発表のタイトルにHayabusa2が含まれているものをプログラムから拾ってみますと次のようになります。以下、プログラムやアブストラクトから講演タイトル、著者名、所属、アブストラクト番号、概要を抜き出してみました。また、日本語で簡単な説明を追記しました。

■Current Status of Asteroid Sample Return Mission Hayabusa2
M. Yoshikawa1, Y. Tsuda1, and S.Watanabe2
1Japan Aerospace Exploration Agency, 2Nagoya University
[#1927]
Hayabusa2 conducted the Earth swing-by successfully on December 3, 2015. In this paper, we summarize the status of Hayabusa2 mission so far.
(「はやぶさ2」の現状についてのまとめの報告。筆者による。)

■Earth-Moon Imaging with Hayabusa2 Optical Navigation Camera (ONC) During the Earth Swing-By
S. Sugita1, M.Yamada2, H. Sawada3, S. Kameda4, T. Kouyama5, H. Suzuki4, R. Honda7, T. Morota8, C. Honda9, K. Ogawa10, K. Shirai3, E. Tatsumi1, N. Ogawa3, Y. Iijima3, and ONC Team
1Univ. of Tokyo, 2Chiba Inst. Tech., 3JAXA/ISAS, 4Rikkyo Univ., 5AIST, 6Meiji Univ., 7Kochi Univ., 8Nagoya Univ. 9Aizu Univ., 10Kobe Univ.
[#2826]
We obtained a variety of images of Earth and Moon using ONC on Hayabusa2 during its Earth swing-by for inflight calibrations.
(「はやぶさ2」地球スイングバイ時のONCによる地球・月の撮像とONCのキャリブレーションについての報告。ONCのPI(Principal Investigator ; 責任者)である東京大学の杉田氏による。)

■Near-Infrared Spectroscopy of the Earth and Moon During the Hayabusa2 Earth Swing-By
K. Kitazato1, T. Iwata2, M. Abe2, M. Ohtake2, K. Tsumura3, T. Ichikawa3, N.Takato4, Y. Nakauchi5, T. Arai2, H. Senshu6, N. Hirata1, Y. Takagi7 and the Hayabusa2 NIRS3 Team
1University of Aizu, 2Japan Aerospace Exploration Agency, 3Tohoku University, 4National Astronomical Observatory of Japan, 5Graduate University for Advanced Studies, 6Chiba Institute of Technology, 7Aichi Toho University
[#2158]
We present the initial results from the Hayabusa2 near-infrared spectrometer (NIRS3) observations of the Earth and Moon obtained during the Earth swing-by.
(「はやぶさ2」地球スイングバイ時のNIRS3による地球・月の近赤外線スペクトル観測データについての報告。NIRS3のPIである会津大学の北里氏による。)

■Estimating the Carbon Contents and Distinguishing the Types of Carbonaceous Chondrites by Spectral Instruments Onboard Hayabusa2 Spacecraft
T. Hiroi1,2, H. Kaiden2, N. Imae2, A. Yamaguchi2, H. Kojima2, S. Sasaki3, M.Matsuoka4, T. Nakamura4, Carlé M. Pieters1
1Department of Earth, Environmental and Planetary Sciences, Brown University, 2Antarctic Meteorite Laboratory, National Institute of Polar Research, 3Department of Earth and Space Sciences, Osaka University, 4Department of Earth and Planetary Materials Sciences, Tohoku University
[#1084]
By the principle component analysis to four select bands each of ONC-T and NIRS3 onboard Hayabusa2, six groups of carbonaceous chondrites could be distinguished.
(「はやぶさ2」のONC-Tの4つのフィルタ観測とNIRS3の観測によって炭素質コンドライトの種類を見分けることについての研究報告。ブラウン大学の廣井氏による。)

■Thermal-Infrared Imager TIR on Hayabusa2 and Its In-Flight Performance and Calibration Using Earth and Moon Thermal Images
T. Okada1,9, T. Fukuhara2, S. Tanaka1,9, M. Taguchi3, T. Imamura1,9, T. Arai1, H. Senshu4, Y. Ogawa5, H. Demura5, K. Kitazato5, R. Nakamura6, T. Kouyama6, T. Sekiguchi7, S. Hasegawa1,2, T. Matsunaga8, T. Wada1, J. Takita1,9, N. Sakatani1, Y. Horikawa1,10, K. Endo5, J. Helbert11, T. Mueller12, A. Hagermann13, and Hayabusa2 Thermal-Infrared Imager (TIR) Team
1Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (ISAS/JAXA), 2National Institute of Information and Communications Technology (NICT), 3Rikkyo University, 4PERC, Chiba Institute of Technology, 5University of Aizu, 6National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), 7Hokkaido University of Education, 8National Institute of Environmental Studies (NIES), 9University of Tokyo, 10Graduate University for Advanced Studies (Sokendai), 11Institute of Planetary Research, German Space Research Center (DLR), 12Max-Planck In-stitute for Extraterrestrial Physics, 13The Open University
[#1407]
The Earth-Moon thermal infrared images will promise the future determination of thermo-physical properties of the surface of asteroid Ryugu by TIR on Hayabusa2.
(「はやぶさ2」のTIRと地球スイングバイ時の地球・月観測によるキャブレーションについての報告。JAXAの岡田氏による。)

■Earth and Moon Observations with TIR Onboard Hayabusa2 Spacecraft
T. Arai1, T. Okada1, S. Tanaka1,T. Fukuhara2, H. Demura3, Y. Ogawa3, andHayabusa2 TIR team 1Institute of Space and Astronoutical Science, Japan Aerospace Exploration Agency, 2Applied Electromagnetic Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology, 3Center for Advanced Information Science and Technology, The University of Aizu
[#1801]
TIR is an infrared thermal imager onboard the Hayabusa2 spacecraft. In this study, current performances of TIR are introduced by Earth and Moon observations.
(「はやぶさ2」地球スイングバイ時の地球・月の撮像を用いて解析したTIRの性能についての報告。JAXA宇宙科学研究所の荒井氏による。なお、荒井氏はLPSCの前に国立環境研究所に所属が変更となっている。)

■Establishment of Laser Link Between Ground Station and Hayabusa2 LIDAR H. Noda1, T. Mizuno2, H. Kunimori3, H. Takeuchi2, H. Senshu4, N. Ogawa2, T. Saiki2, T. Yamaguchi2, A. Pollard5, C. Moore5, N. Namiki1, Y. Tsuda2
1National Astronomical Observatory of Japan, 2Japan Aerospace Exploration Agency, 3National Institute of Information and Communications Technology, 4Chiba Institute of Technology, 5Space Environment Research Centre
[#1289]
Laser link experiment between ground SLR stations and a laser altimeter named LIDAR on Hayabusa2 was carried out, and the uplink laser pulses were detected.
(「はやぶさ2」地球スイングバイ時のLIDARによるリンク実験についての報告。国立天文台の野田氏による。)

■An Experimental Investigation on the Yield of Hayabusa2 Sampler System Using Different Grain-Size Distributions
Duy-Anh Doan1, Eri Tatsumi2, Seiji Sugita2
1MIT Dept. of Earth, Atmospheric Planet. Sci., 2Univ. of Tokyo, Dept. of Earth Planet. Sci.
[#2420]
We conducted a series of impact experiments using a Hayabusa2 sampler model and a variety of coarse grain targets in this study for accurate sample yield.
(「はやぶさ2」のサンプル採取システムによるサンプル採取実験についての報告。MITのDoan氏による。)

■Calibration of MicrOmega Hayabusa-2 Flight Model - First Results
L. Riu1, J-P. Bibring1, V. Hamm1, C. Pilorget1, F. Poulet1
1Institut d’Astrophysique Spatiale
[#2109] Presentation of the first results for the calibration of imaging spectrometer MicrOmega flight model on board Hayabusa2 mission.
(「はやぶさ2」に搭載した小型着陸機MASCOTのMicroOmegaのキャリブレーションについての報告。Institut d’Astrophysique SpatialeのRiu氏による。)

■Characterisation of Martian Analogs Samples with MicrOmega Hayabusa2 Flight Spare Model
L. Riu1, F. Poulet1, C. Pilorget1, J-P. Bibring1, V. Hamm1, C. Saetre2, S. C. Werner2
1Institut d’Astrophysique Spatiale, 2Center for Earth Evolution and Dynamics, University of Oslo
[#2083]
The flight spare model of imaging spectrometer MicrOmega-MASCOT was used to characterize martian analogs samples using NIR spectroscopy coupled with imagery.
(MicroOmegaのスペアの装置を使って火星サンプルに似せた物質の分析実験を行ったことについての報告。Institut d’Astrophysique SpatialeのRiu氏による。)

  • 写真2 LIDARのポスター。談笑しているのは、LIDARチームの野田さんと並木さん(PI)。
  • 写真3 ONCのポスター(左)とTIRのポスター(右)。

このように、主に地球スイングバイの時のデータの解析を中心に「はやぶさ2」の各機器の発表がありました。今回のLPSCについての情報は、LPSCのWeb
http://www.hou.usra.edu/meetings/lpsc2016/
に出ています。また、アブストラクトの内容も公開されています。たとえば、
http://www.hou.usra.edu/meetings/lpsc2016/authorindex.cfm
のページをアクセスして、上記のアブストラクト番号で検索すると、読むことができます。ただし、英文です。

このLPSCでは、太陽系天体についてほとんどすべての分野の発表があると言ってよいですが、今回のハイライトと言ってもよいものは、やはりNew Horizonsミッションによる冥王星探査と、DAWNミッションによるCeres探査だと思います。ポスター会場にも、大きな写真が貼り出されていました(写真4)。もちろん、この他に、月、火星、水星、金星、木星土星の氷衛星、彗星や小惑星、そして隕石など、内容は多岐にわたっています。

  • 写真4 New Horizonsミッションによる冥王星の写真

LPSCに参加するたびに、世界ではこれだけ情熱を持って月惑星科学が研究されていると強く感じます。2019年3月のLPSCでは、小惑星リュウグウがハイライトになることを願って、はやぶさ2プロジェクトとしては頑張っていきたいと思います。

おまけ:
LPSCはThe Woodlandsというところで行われましたが、場所的にはヒューストンと言ってもよいところです。例年、3月のヒューストンというと、かなり暖かい(暑い?)のですが、今回はかなり気温が低くて、初日の月曜日の朝などは、屋外に駐車してある車の窓が凍っていました。かなり前からLPSCには参加していますが、こんなことは初めてです。それでも、会議の部屋は冷房がかなり効いていました。暖かい(暑い)と思って服装を油断すると、会議の部屋の中で凍えることになるのですが、今回は、そもそも外気温も低かったです。ところで、泊まったホテルにきれいな花壇があったので写真に撮っておいたら(写真5)、数日後にはなぜか植え替えられていました(写真6)。朝の気温が低くてしおれてしまったのでしょうか?

  • 写真5 ホテルの入り口にきれいに花が咲いていましたが・・・
  • 写真6 数日後には植え替えられていました。

はやぶさ2プロジェクト 吉川真
2016.03.26

Message from Project 一覧

「はやぶさ2」は,人類が訪れたことのない小惑星「リュウグウ」との往復航行をする宇宙船です.どんな冒険が待ち受けているか誰にも分からないけれど,きっと面白い航海になるはずです。どんな旅をするか,楽しみにしていてください。
(プロジェクトマネージャ 津田雄一)