トピックス「はやぶさ2」地球スイングバイを
観測された皆さまへのお願い

はやぶさ2」地球スイングバイの観測につきまして、お送りいただきましたデータは、日本天文学会2016年春季年会にて発表することになりました。
まだデータを送っていただいていない方は、次の要領で観測データを計測していただき、お送りいただけますと幸いです。

送っていただきたい内容は次のようになります:
(1)撮影された「はやぶさ2」の位置(赤経、赤緯)・光度とその観測時刻、(2)複数の撮影があれば、なるべくすべてについての計測値、(3)線状に伸びたイメージの場合には、最初と最後そして中間の数点の計測値、(4)時刻については、正確に分からない場合にはおよその時刻でもよい、(5)観測地の位置(緯度、経度、高度)、(6)もし可能ならば、小惑星観測データと同じMPCフォーマットで、(7)データを使用させていただくときのクレジットの書き方

データの送り先ですが、観測キャンペーンを主催していただいた日本公開天文台協会(JAPOS)または日本惑星協会(TPSJ)までお送りください。

はやぶさ2プロジェクト
2016.02.05

-------------------------------------------------

観測データの募集は終了いたしました。
天文学会での発表についてはトピックス:「はやぶさ2」アウトリーチ活動についての天文学会での発表内容をご覧ください。また、日本天文学会2016年春季年会プログラム・講演予稿集は日本天文学会のサイトからダウンロードできます。
日本天文学会年会プログラム・講演予稿集アーカイブ:http://www.asj.or.jp/nenkai/archive/
Y01a 「はやぶさ2」地球スイングバイ観測キャンペーンデータの解析
Y02a 「はやぶさ 2」地球スイングバイ観測キャンペーンの実施報告
Y03a はやぶさ 2」がめざしている小惑星の名称案募集とその波及効果

Message from Project 一覧

「はやぶさ2」は,人類が訪れたことのない小惑星「リュウグウ」との往復航行をする宇宙船です.どんな冒険が待ち受けているか誰にも分からないけれど,きっと面白い航海になるはずです。どんな旅をするか,楽しみにしていてください。
(プロジェクトマネージャ 津田雄一)