トピックス「はやぶさ2」の打ち上げから現在までの状況

「はやぶさ2」が2014年12月3日に打ち上がってから、ほぼ10ヶ月が過ぎました。探査機の運用は、12月3日の地球スイングバイに向けて順調に進められています。

これまでの「はやぶさ2」の運用の主な事項をまとめてみますと、次のようになります。

2014年
12月3日種子島宇宙センターより打ち上げ
12月3日〜5日クリティカル運用期間
12月5日〜初期機能確認期間開始
12月18日〜26日イオンエンジンの試験
12月27日〜精密軌道決定
2015年
〜1月4日精密軌道決定
1月5日〜10日Ka帯通信機能の確認
1月11日〜20日イオンエンジンの試験
3月2日初期機能確認期間終了
3月3日巡航フェーズ開始
3月3日〜21日第1回イオンエンジン連続運転(409時間の運転を行う)
6月1日〜7日第2回イオンエンジン連続運転(102時間の運転を行う)
7月22日1999 JU3の名称公募開始
8月31日1999 JU3の名称公募締切
9月1日〜2日イオンエンジン追加噴射(12時間の運転を行う)

Message from Project 一覧

「はやぶさ2」は,人類が訪れたことのない小惑星「リュウグウ」との往復航行をする宇宙船です.どんな冒険が待ち受けているか誰にも分からないけれど,きっと面白い航海になるはずです。どんな旅をするか,楽しみにしていてください。
(プロジェクトマネージャ 津田雄一)